【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

「ただの性格」だと思って見過ごさないでください。 それは、強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)、強迫神経症(きょうはくしんけいしょう) という「心の病」があなたに危険を知らせてくれている大切な“シグナル”です。 続きは・・・・・こちらから『【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド』

続きを読む

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド まずあなたに伝えないといけないことは、一度発病すると重症化しやすい特徴があるということです。 ある調査機関がとった統計によると、強迫性障害を発症したひとの50%は重症化し、軽症といえるひとは14%にすぎないといわれています。 強迫性障害ははじめから重度の強迫症状ではじまるわけではありません。 例えば、 ただのきれい好きだと思っていた入念な手洗いが、次第に何度も手を洗わないと気が済まなくなり、過剰な手洗いを繰り返すようになる ガスの元栓やコンセントの確認を何度も確認をしないと安心できなくなり外出することが困難になる 目に見えないバイ菌が怖くてドアノブすら触れなくなる そして、その結果 無気力になって、何もしたくなくなる 仕事や学業に支障をきたすようになる 人間関係にひびが入る 家から出られなくなり、引きこもってしまう などと、例を挙げたらきりがないのですが、多くのひとが原因不明のこの病に苦しみ、刻々とその症状を悪化させているのです。 また、症状が悪化するだけではなく、かなりの割合のひとが「うつ病」などの心の病を併発することが分かっています。 ⇒【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

続きを読む